スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアラ

2015-09-17

画像 063

2015年8月30日 ティアラ永眠。13歳5ヶ月。

マロンよりも先に逝ってしまうなんて、
考えてもいませんでした。

本当に急な事で、亡くなる1時間前まで普通に暮らしていて
最期も苦しむ事もなく眠るように息を引き取りました。

我が家に来た日からずっ~とマロンと一緒。
マロンの容態は最悪の時と比べると驚く程の回復力ですが
5キロあった体重も、徐々に減り続け、
今では3.5キロを切っているけど、
毎日元気にご飯を食べ家の中のお散歩を楽しんでおります。

苦しむ事なく逝ってしまった事だけは唯一の救いですが
想像もしていない事でしたので
心の準備も何もできていなく、
死を理解するのに少し時間がかかりました。


写真 036

ティアラはとても優しい子でした。
小さい頃はマロンの後ろをついて歩いている子でしたが
リンダが来てからは、色々と守ることをしてくれました。
リンダの帰宅が遅いと玄関でずっ~と待っていたり
リンダの夜のおトイレには必ず付き添っていたり・・・。
寝るときは、家族みんなが見守れる位置で横になり
何かあったらすぐに異変を知らせないと。
思っていたと思います。


写真 070

2005年からデータとして写真が残っていたので
ただいま、膨大なお写真の整理の真っ最中。
やっと2005年が見終えれました。

2005年。ティアラは3歳の男の子。
動画を見たら・・・。
5歳のマロンと、それはそれは激しく遊んでおりました。


写真 072 (2)

ほとんどの写真がマロンと一緒に写っていました。
大好きなマロンがいない世界。
きっと耐えられなかったのかなぁ・・・。

マロンも、ティアラを残しては逝けれない。
と奇跡的な回復を見せたのかなぁ・・・。

マロンはティアラの死を理解したようで
痴呆が進んでいるのに
枕元で10分くらい動こうとしませんでした。
その後、安心した様子で隣のベットで添い寝を始めました。
正直、安心したマロンまで逝ってしまったらと思ったけど
落ち込んでいる飼い主を残しては逝けれない。
と思ってくれたのかなぁ。

お別れは辛いけど、飼い主として看取ってあげられる事。
万が一、先に自分が逝ってしまい、
愛犬が帰ってこない飼い主を、ずっ~と待っている事。
それを思ったら・・・。

マロンもリンダも、長生きしてね。


写真 151
写真 152

ティアラの大きなお手手。
ダックスなのに、私の指4本分と同じ大きさ。
大人気だったプニュプニュの肉球。

ティアラ。約13年。
あっと言う間の時間だったけど、ありがとう。

スポンサーサイト

マロン 2

2015-05-30

画像 092

最初の発作より1週間後にまた調子が悪くなり始め
病院にお世話になる日々が続いております。

マロンとリンダは違う病院にお世話になっているのですが
マロンの病院がお休みだったので
リンダの病院で診察して頂いた診断の結果は・・・。

MRIを撮らないと断定はできないけど
脳炎もしくは、脳腫瘍の可能性が高いとの事でした。
15歳の年齢を考えると全身麻酔のMRIは厳しいので
先生と相談して、脳炎の治療を行うことにしました。

薬が効き始めたのかしばらくは症状は安定。

数日後・・・。今度はものすごい吐き気に襲われたマロン。
診断の結果は、急性前庭障害。
人間で言えばメニエール病だそうです。
24時間目が回っている状態らしく
眼球がグルグル回っておりました・・・。

薬が効いたのか症状は安定。
・・・。したと思ったら、今度は、今までとは違う吐き方で
食べた物のほとんどを吐いてしまう状態。

診断の結果は、
食道に食べ物がたまって胃に届かない巨大食道症。
数回咳をしたと思ったら何の前触れもなく
食べた物の全てを吐いてしまいます。
この咳は、普通のワンコが吐く前兆の場合と全然違います。

食べても食べても吐いてしまうので・・・。
対処法は、食後15分間抱っこして犬の体を縦にする。
で、様子を見ることになりました。
個体差はあるそうですが
この方法で胃に食べ物が届く子もいるそうです。


DSC_0112.jpg

無事、胃に食べ物が入ってくれればいいけど・・・。
幸い、その他の症状はかなり安定しております。
徘徊も吠えも、年相応くらい。
マロンの顔つきも、
だいぶ穏やかになってきたと思った矢先の巨大食道症。

多少の徘徊はあるので、
発作が起きる前は、日中ほぼ寝て過ごしていたマロン。
徘徊後はお疲れで、強制的にベッドに入れると
その状態のまま、寝ちゃいます。


DSC_0159.jpg

どうしても、ワンコだけのお留守番の時は
マロンだけ、サークルに入れて出かける事にしました。
しか~し(笑)。サークルは自分の物だと思っているのか
入口を開けるとリンダが喜んで入っては陣取っております。

マロンの症状が悪化してから、
介護グッズを買い揃えるのは大変だったと思いますが
リンダ部屋に放置されてる買うだけ買って使っていない物が
かなり活躍しております!!



マロン

2015-05-15

5月6日。日付が変わって数時間後。
マロンが急に痙攣みたいな発作を起こしました。
前日から下痢ぎみで病院にはお世話になっていました。

GW最終日。
かかりつけの動物病院は臨時休業と聞いていたけど
やはり連絡つかず・・・。
リンダの掛かり付けの病院も連絡つかず・・・。
名古屋の深夜外来も2時で終了・・・。

幸い24時間対応していただける病院に連絡が取れたので
診察していただけました。

前日の検査結果より、ほとんどの数値が改善。
心臓も多少の肥大はあるものの15歳の年齢を考えれば
特に発作を起こすであろう問題はなし。
発作は断定はできないけど、
癲癇の可能性が高いとの診断でした。

痙攣を起こしてから数時間は悲痛な叫びに近い吠え。
帰宅後、症状が少し落ち着いたら、
今度は痴呆??の症状が急に出始めました。
意味なく吠え続け。意味もなく歩き続け。
隙間に挟まって抜け出せれなくなったり
お水飲み場もお構いなし。突き進んで水浸し・・・。

明らかに何か伝えたい事があると言うか
マロンがストレスを感じているような感じでした。

痴呆の症状は急に起きるのではなくて
徐々に起こると教えて頂き、回復するかもと微かな期待。
余生穏やかに過ごせれれば、それで満足。だと思いました。


DSC_0090.jpg

痴呆の症状は、日に日に回復。
ご飯の時間が待ちきれず多少の要求吠えはあるものの
近所迷惑になるような激吠えは今はほとんどありません。
徘徊も、クルクル回るのはほとんどしなくなりました。

苦しむマロンの横で心配そうに
ピッタリと寄り添っていたティアラ。(写真なし・・・。)
どんな時も優しい面倒見の良いお兄ちゃんマロン。
もう少し、ティアラの面倒を見てくれるのね。


DSC_0106.jpg

発作直後は、足腰がしっかりし過ぎて、
軽快に歩き続けていたけど日が経つにつれ、
特に寝起きに足腰に力が入らないようです・・・。
発作後、視力も0に近い状態の気がします。

よく寝て。よく食べ。それだけで十分。
穏やかにストレスを感じることなくマロンが過ごせれれば。

ちょっと前の発表会

2015-05-05

1426944307350.jpg

仕事がバタバタしてて、ブログも放置状態・・・。
GWは、久々にゆっくりとした日を過ごしております。

3月21日~アニモ発表会~


1426944339551.jpg

昔からこの場所が苦手のリンダ姫。
今回は、オヤツを大判振る舞い
楽しくダンスは達成できたので、満足満足。

お衣装のタイツがなかなか良いのがなくて・・・。
今回もダサ子ちゃん(笑)
仕事がバタバタし過ぎでこの春の予定はこれで終了。
早いシーズンオフです。

7月~8月にかけてはレッスンにも通えれないかも・・・。
9月から導入される新システムで
仕事が軽減される人もいるのですが
細かく管理されればされるほど私の仕事が増え
減ることはないので・・・。
9月以降の予定を入れるのも危険だし体力的にキツイ。

仕事がひと段落してちゃんとお休みが取れるようになるまで
フリスタは、のんびり楽しむ程度にしようと思います。


DSC_0020.jpg
DSC_0021.jpg
DSC_0022.jpg

これも少し前のお写真。イスをよじ登るリンダ。
ダックスの特性をいかし過ぎてる行動(笑)
こぶし、1つ分しかないスペース。
どう考えたらこれが出来ると結びついたのか・・・。


画像 052

これも少し前のお写真。桜の前で記念撮影。

今日はヒルズランへ行ったのですが
デジカメも携帯も忘れた日に限って、ダックス祭り~。
老若男女10ダックス近くいました。

久々にリンダの大好きなショコラちゃんにも会えてご機嫌。
結構気の強いショコラちゃんですがリンダにだけは
お腹を見せてくれます。
そんな姿を見た常連さん。
『リンダちゃん。最強だね。』と・・・。

お誕生日

2015-04-05

DSC_0015.jpg

この2週間、お仕事がバタバタしてて・・・。
忘れてはいなかったけど・・・。

マロンちゃん15歳。
ティアラちゃん13歳。

お誕生日おめでとう

マロンはほとんど目は見えていせんが、痴呆の症状もなく
毎日元気に暮らしております。

ティアラも最近かなり目が見えていない感じです。

昔は公園で砂ほこりを巻き上げ、爆走していたマロンですが
お散歩も行きたがらないので
暖かい日は、マロンとティアラは玄関先で日向ぼっこ。


画像 019

お外を歩くのを嫌がる老犬2ワンコと
自由気ままなリンダを連れての外出は大変。

カートとしての役目を全く果たしていない我が家のカート。
大活躍でした


画像 032

入口を締めてしまえば、
マロンもティアラも安心して寛いで寝ていました(笑)


画像 036

お里が大好きなリンダ。着くと、いつも店内爆走
この日も、軽~く2周走り回り、トリミングリームへ。


画像 030

月/1回の、肛門腺しぼり&爪切り&足裏カット。

半年に1回のカットのリンダですが、
白いボアボア毛。かなり増えてきたので
来月のトリミングの予約をしてきました~!!
プロフィール

リンダママ

Author:リンダママ
お気楽な旦那様けんちゃんと
マロン・ティアラ・リンダと一緒に暮らしています。
リンダとはドッグダンスを
楽しんでおります!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。